低用量ピルを1ヶ月飲んでみての感想

health care

以下私が初めて産婦人科に行って低容量ピル(以下ピル)飲むことになって、1ヶ月飲んでみた私の完全な私見と感想です。

⚠️このブログのスタンスが迷走していて申し訳ないのですが笑、ピルの効果や副作用についてを書いてるわけではないです。

さてこれを読んでくださっている20歳以上の女性の方には
2年に1回、「子宮頸がんの検査受けませんか?」の通知が来ているはずだと思うので、私の年齢だと産婦人科が身近な人も多いとも思うのですが、産婦人科とか低用量ピルについて知りたい人のために書きました。

冒頭でも言いましたが、全部個人的な感想、意見です。
気になることがあるなら受診してね、なのですが
そうは言ってもなかなか難しいのが現状だとも思うので
そんな人の一助になればいいなと思います。

地味に「ピル飲んでます」って公言するの、怖いっていうことに気がつきました。(今更笑)
悩んでいる女性の後押しになれたら、っていう思いで書いています🙏

低容量ピル飲むまでの経緯

私は中高の頃は特にひどい生理痛ではなかったのですが、
大学3,4年くらいから鎮痛剤飲んで寝ることとか
とても体調が悪くなることが増えました。

2周期期連続で不正出血になったのと、
昔より明らかに生理痛がひどくなってるなあと感じたのをきっかけに「癌とかだったら嫌だな」と思って産婦人科を初めて受診しました。

結果、子宮腺筋症とのことでピル飲みましょう、となり
あっさりピル飲むことになりました。
(心配していた癌ではなかった)

線筋症については、『あんまりよく分からないけど「今すぐやばい」というより「このまま続くと良くない」ということなのかな、だからピルで進行を遅らせようという作戦なのかな』という理解度です。

ピル飲んでよかったこと

体重コントロールがめっちゃ楽

私の場合「痩せる行動」=「痩せる」ではないことが多く
体重が全く動かなくなったり、意味不明なタイミングで痩せたりしてたのですが、ピル飲んでからは体重に関してはとても楽になりました。
ピル飲むと太る、って私も聞いてた側だったのでびっくりしたけど、ホルモン安定したらこんな感じだろうなあって感じでした笑

ちなみにピル=太るは間違いですが、感じ方は個人差あるので悪しからず。
私は多分振れ幅が大きすぎたのがピル飲んで整ったから体重管理が楽になったけど、食欲が増してその結果太る人もいるそうです。

生理痛が少し楽になった

私はお腹が痛いというより、腰が刺されるような痛みの感じ方で、ピル飲んでからは鎮痛剤は飲まなくて済むようになりましたが、痛み方自体はあんまり変わりませんでした。笑
ただ経血量は激減したので意識がなくても体の負担は減っただろうなと思います。

ピル飲んでも変わらなかったこと

ニキビ

元々悩んでいたわけではないので参考にならないかもしれませんが、ニキビに関しては特に何も変わりませんでした。

ただ生理後3,4日目のゴールデンスキンな日が
なくなってしまったのは少し寂しかったです笑

ピル飲んで悪かったこと

特になし、少しストレス・体質変化(?)

ピルのデメリットには、浮腫み、不正出血、副作用(血栓症のリスクが上がるetc)などが挙げられるのですが、私は特にありませんでした(あっても気がつかなかった)。

初めての服用だったから「これ副作用かな?」とか
「同じ姿勢とらないようにしなくちゃ」とかを
いつも気にしてたのが少しストレスだったのと、
少し熱っぽくて低気圧にやられやすい体質になったかな〜?という感じでした。

あと飲み忘れに関してですが、コンタクトをつける時に一緒に朝飲む、って決めたら一回も忘れませんでした。参考までに。

ピル飲み始めようか迷っている人に

時間や余裕がない時に飲み始めるのはやめたほうがいい

体調の変化(血栓症と思われる症状、不整出血、むくみ、今までと違う感じ)に敏感になるし(なるべきでもあると思いますが)、
もし何か違和感あったらすぐ産婦人科行くほうがいいと思うから、時間や気持ち的に切羽詰まっている時に飲み始めるのはストレスになると思います。

個人的には「自分の体だけど自分のじゃない、知らない感じ」が意外とストレスだった気がします。(薬飲むことに慣れてる人は大丈夫かも)

逆に今学生で悩んでいる人いたら、社会人になる前に試した方がいいと思います!

数ヶ月飲んでみる気持ちで始める

先生の方針にもよると思いますが「これから何年もこのピルを飲む」、というより「2,3ヶ月飲んでみて体に合うか試してみる」といった気持ちで始めた方がいいんじゃないかな、と思います。

産婦人科選びに関して

受診するまでの4つの壁

経緯で書いたのですが、不正出血があってから受診を決めたのはいいのですが、結局行くまでに3週間くらいかかりました笑
私は大きく次の4つの壁がありました。

1怖い
産婦人科に対するイメージというか、いざ自分が、ってなるとなかなか勇気出ませんでした。

2口コミが怖い
「忙しい」「話を聞いてもらえない」「二度と行かない」etc、の口コミ見てビビってまた探し直してました笑

3やってない
HPに書いてある時間がわかりにくかったり着いたはいいけどやってなかったりして振り出しーって感じ。
電話したらいいとは思うのですが、「電話するなら直接行く」タイプの私にはハードル高かったです。

4行ける時期が限られている/いつ行ったらいいかわからない
生理の時に産婦人科に行くのはNG(症状によります)なので
行ける期間は約3週間なのですが、
不正出血している時期はその時に行くべきなのか、行かないべきなのかで悩みました。

結局私は、不正出血の時は避けて生理始まる2日前くらいに行きました。生理前ギリギリだったから経血量が多いことがわかったのはよかったのかもしれないです。

選ぶ時にポイントしたらいいと思うこと

以上の反省を踏まえて産婦人科探す時に注意したらいいと思うこと書きます。
私はgoogleの口コミと病院専用サイト?の口コミ見て絞りました。

1忙しすぎず、暇すぎそうでもない
すごい待たされるのも嫌だけど、患者さんが少ないのは人気がないからとも言えるので、中間を狙っていきました。受付の方の雰囲気に関する口コミも大事にしてました。

2先生が怖すぎない
「話聞いてもらえない」とかは良くないことだと思うので、そういう口コミがあるのは避けてたけど、「パキパキしてるからゆっくり話すのは難しい」といった感じものは、私は大丈夫だなと判断しました。

3場所が遠すぎない
歩いていけるかより、駅近かどうかの方が大事だと思いました。最初は自分の住んでいる区に限って調べていたけど、近隣区まで広げたらたくさん候補出てきて今の産婦人科を見つけられたので、広めに探すのもいいかもしれないです。

近い方がいいと思うのは「何かあった時あそこにすぐいけるから」っていう安心感を得られるからです。

4イベントに行ってみる
これは番外編よりなのですが、まだ産婦人科に行くべきか悩んでいた時に、オンラインイベントに参加しました。そこで産婦人科医の方に質問したときに「産婦人科行った方がいいと思います」と答えてくださって、よし行こう!って思えました。

身近にこういうイベントがあるかは分かりませんが、後押ししてもらえるのは大事だなと思ったので書きました。

その時のイベントを開催してくださった、吉川さんのtwitterを貼っておくので情報収集したい方はぜひ。

まとめ

ピルって「興味はあるけど、自分のこととは思えない」人も多いんじゃないかな、と思って書いてみました。
生理重いのかな、って自分で思っていてもわからない(というか私は先生に言われてもわからなかったです)と思うので、そこで悩まずに受診するといいと思います。

誰かの何かの参考になれば嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました