はじめに

突然ですが、皆さんは自分の体が好きですか?

私はあと5kgくらい痩せたいなーと4年くらい前から思っているのですが笑、
激しいダイエットをしたせいで軽い拒食症になった後、過食の癖がついてリバウンドしてしまってからは、なかなか上手くコントロールできない日々を送ってきました。

それでも、「もう少し痩せたいな、綺麗になりたいな」と思う気持ちは
ずっと変わらないので『あきらめない限り夢は叶う』という言葉を信じて
まだゆるゆると減量へのトライを続けています。

さて、これまでの4年の期間の中で、私は炭水化物絶ちをやってみたり、
サラダチキンたくさん食べたり、ほぼ毎日ジムに行ったり、
朝ランしていたりしたのですが、そのときは結果が出ても3ヶ月くらい経てば
慣性の法則(笑)で戻ってしまう自分を振り返って、やっと『普通のものとして継続できるものでないと意味がない』と習慣の大切さを学びました笑

とはいえ、これまでの経験が無駄だったわけではなくて、
ジム通いの時に覚えたトレーニング法や、脂質制限や糖質制限をしていた時に
記憶したコンビニの商品の脂質と炭水化物の量の知識など、少しずつが今の私のゆるゆるダイエットにつながっています。

特にこれから紹介する小さな考え方や知識のtipsは、
毎日生活する上で行う選択を、無理な我慢や抑圧を感じながらではなく、
心地よい気持ちですることができるようになることで
より長期的な目で自分の体と向き合っていくことの一助になるのではないかな
と思いながら書いています。

ダイエットは苦しくて辛いもの。
確かにそういう一面もあるかもしれませんが、もっと自分の人生に組み入れていけるレベルにするには、ちゃんとした知識と、自分がハッピーになれるような選択の捉え方を持つ必要があると思っています。
少しでも参考になったら幸いです!🌱

①炭水化物が無性に食べたい時は「依存かも?」「他の栄養素が足りてないかも?」と振り返る

普段生活していて、無性に炭水化物を食べたくなるときありませんか?

炭水化物を欲するときは脳に糖分が足りていないときや、
ホルモンの乱れ・疲れなどの影響であるときもあるのですが、
砂糖に依存した食生活を送っているために
禁断症状のような状態になっているときもあります。

もしも、数日間の食事を振り返ってみて
炭水化物が多めの食事やバランスの偏った食事が続いていたら、
炭水化物や甘いものが無性に食べてくなる衝動は
砂糖に依存してしまっているのが原因かもしれません!🚨

また脳みそは、栄養が十分に足りていない場合に
「栄養が足りてないー!」という信号を出しますが、
私たちには「お腹すいてるー!」
という信号としてしか受け取れません。

残念なことに私たちは意識的に何の栄養素が足りているかを
検知することはできないので
炭水化物やある特定の食物を激しく欲するときは
食事の偏りがなかったかを振り返って
バランスの良い食事を摂るようにしてみてください☺︎

(⚠︎氷を欲しがる場合は貧血の症状の場合であるときがあるので、
氷以外等でも味覚に変化がある場合は調べてみて下さい!)

②お腹が空いたときは”暖かい”ものを摂取しよう

空いてしまったお腹は、我慢しても逆に気になってしまうもの。
「何か食べようにもお菓子は良くないし、、、でもお腹すいたーーー!!!」

そんなときは何か暖かいものを食べるのがおすすめです。

お腹が満足感を感じるポイント、皆さんはご存知ですか?

一つはゆっくり食べること
耳にタコかもしれませんが、満腹中枢が「お腹いっぱい」と理解するまで時間差があるので、ゆっくりと時間をかけて食べることで食べ過ぎを防ぐことができるのです。

もう一つが暖かいものを食べること
少量でも暖かいものが入ってくるとお腹がいっぱいになったような満足感を得ることが出来るので、スープ、熱いお茶、白湯などはもちろん、同じおにぎりを食べるにしても温めてから食べると満腹感が違います。

またサラサラの液体は胃の中ですぐに冷めてしまうので、
少しとろみのあるスープやお味噌汁などを摂取する方が満腹感は長持ちします💗

③夜更かししてしまう時には「痩せるために寝よう」!

「スマホをずっとダラダラと触ってしまう、、、もう寝なきゃいけないのに、、、」

そんな自己嫌悪に陥りそうなときは!
早く寝ましょう!しかも痩せて綺麗になるためにです!
これなら自己嫌悪も手から離れないスマホも、どこかに飛ばせちゃいそう!!!💨

深いロジカルはないのですが、寝ている間も体はカロリーを消費しているので
カロリーを消費させて痩せるためにも早く寝よう!ということです。

もちろん起きているときも消費されていますが、”スマホを眺め続けるため”にエネルギーが使われるのと、”明日に向けての肌のターンオーバーと体のメンテナンスのため”に使われるのだったら、後者がいいですよね?

終わりに

「甘いものはダメー!」「炭水化物はダメー!」「取りすぎはダメー!!」と厳しく我慢していたら疲れちゃいますよね。
日常での小さな選択をちょっとプラスにしていくために、私がかなり助けられた知識を紹介しました!
ぜひ取り入れてみて下さい❤️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です