知っておくと役立つ睡眠の豆知識

ヘルスケア

睡眠をどう取るかということは
その効果や重要性だけでなく、
1日をどう使うかということに大きく関わるため
とても大事なことですよね。

ぜひ最後まで読んでいただけたら幸いです☺️

目次:
①睡眠に関する基本的な知識
② “何時に寝るか” が大切
③睡眠に関わるホルモンについて

①睡眠に関する基本的な知識

睡眠には
1)レム睡眠(浅い眠り)
2)ノンレム睡眠(深い眠り)があります。

入眠してから深いノンレム睡眠に入ると、
おおよそ90分の間隔で交互に繰り返されます。

眠りの前半にはノンレム睡眠が多く、
後半にかけてレム睡眠が多くなり目覚めを迎えます。

子供はノンレム睡眠が多く、
高齢者では中途覚醒が多くなります。

また90分のサイクルも
人によって個人差はありますが、
一般的に+90分の間隔で起床すると
心地よく目覚められると言われています。

② “何時に寝るか” が大切

“何時間”眠るかということが
トピックに上がることが多いですが、
就寝時間と起床時間
大変重要なキーポイントになります。

「たくさん寝たのにまだ寝足りない、、、」
と感じたことはありませんか?

睡眠は7時間から8時間とることが
理想的とされていますが、
午後22時から午前2時,3時頃
睡眠をとっていることが重要です。

なぜなら、
この時間帯に深い眠りをとっていることによって、
ホルモンの分泌や疲労の回復が促されるためです。

皮膚をつくり出す基底層の細胞分裂は、
午後22時から午前2時の間にかけて
最も活発である
ことが分かっており、
肌のターンオーバーを促すためにも
この時間には入眠できていることが望ましいのです☺︎

③睡眠に関わるホルモンについて

1)成長ホルモン HGH

成長ホルモンは先ほど説明した
時間帯にもっとも分泌量が大きくなります。

「私は子供じゃないから関係ない」と
思われるかもしれませんが、
成長ホルモンは成長だけではなく
細胞の修復や疲労回復に役立っています◎

綺麗なお肌のためにも早寝早起きを心掛けましょう!

2)メラトニン

浴びる光によって調節される睡眠ホルモンのことです。
朝、光を浴びるとメラトニンの分泌が止まります。

目覚めてから14~16時間ぐらい経過すると再び分泌され、
メラトニンの分泌が高まると眠気を感じるようになります。 

またメラトニンは眠気を誘うだけではなく、
抗酸化作用によって細胞の新陳代謝を促したり
代謝のエネルギーを増やしたりします。

夜22時23時になると、急に集中できる
という経験をしたことはありませんか?

これは、メラトニンの作用によるもので
本来は体の修復のために使われるはずの
エネルギーが使われているためと考えられます。

また、人間の体内時計は最新の研究で
24時間11分であると言われており、
24時間からわずかな誤差が生じています。

朝、日の光を浴びるのが大切な理由
体内時計をリセットしメラトニンの分泌を抑えるように促す効果や、
一定時間経った頃に眠くなるよう働きかけてくれる効果が
期待できるからなんですね🌞

3)コルチゾール

コルチゾールとは、体内に蓄えられた
ブドウ糖や脂肪をエネルギーに変えるホルモンです。

午前3時頃から徐々に分泌され
起床後30分から60分で大量に分泌される、
自然の目覚ましのようなホルモンです。

ですが、起床直後にコーヒーを飲んでしまうと、
コーヒーに含まれるカフェインが
コルチゾールの分泌を減少させてしまい、
結果的に多くのカフェインを欲するようになってしまいます。

ですので、コーヒーを飲むなら
起床後1時間以降か午前9時以降
おすすめですよ☕️☺️

長くなりましたが最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました